トップページ | その2-10m~13m »

その1-掘り始め~4m

今から井戸を掘ろう思っている人の参考になればと、思い出しながら書きます。
                           
                       質問がある人は下記にお願いします。
 スパムメール対策のため、メールアドレスを正しく表示していません。
お手数ですが、Emailアドレスの [at]@ に変えてメールをお送りください。
                        
 tdqkf781[at]ybb.ne.jp

最終結果として14m掘りました。
 
平成18年(2006)3月4日(掘り始め)~5月21日(ポンプ設置日)作業は土・日の休日のみです。その後の配管作業がありますが、1年以上経った今も配管作業は継続中です。今は台所の配管を考えています。

平成20年(2008)11月15、16日の二日間で念願の台所に配管しました。
詳しくは
その26 台所への配管を参照下さい。

どうして井戸を
掘ったかと言うと、水道代を何とか安く出来ないかということでした。特に夏は生垣、芝生等の散水もするため、2ヶ月間の上水道・下水道料金が3万円を越えることもあり『何とかせんといかん』と言うのがきっかけでした。 その15 水道料金の推移  を参照下さい。


井戸を掘る場所を決定                                                 
 
とりあえず、邪魔にならない所を選定しました。給湯器の近くでかなり狭い場所です。後々この狭さに苦労することになろうとは、もう少し広い場所が良かったかも。
1P1010217s1


穴掘り開始                                                                       

穴掘り道具品名:スパイラルディガー
浅香工業㈱を使い穴掘り開始です。

大きな石も出ずあっと言う間に約1m掘削終了です。
P1010231s P1010233s
そこで、スパイラルディガーを切断しイレクターパイプで最初は2mに延長して掘削再開です。次に2m×2本の4mに延長して掘削しました。
P1010242s P1010243s
掘った泥はアルミパイプで作った可愛いスコップで掻き出しました。
4mまで掘った時の泥は写真のように極わずかです。

P1010246s P1010236s
4m近く掘った所で土に水分が混じり始めました。ひょっとしたら水が出るかもとかなり期待が持てそうです。
P1010247s P1010253s
スパイラルディガーの掘削は4mまでとし、塩ビ管で井戸掘り器を製作し本格的に掘ることにしました。(スパイラルディガーの穴径:68mmです)

4mまでは、繋ぎ部分を外したり接続したりの手間が掛からないため、あまり苦労せずに掘れました。
尚、殆んど大きな石も出なかったのが幸いしたと思います。

ここまでは、スパイラルディガーの切断及びホームセンターでの買い物等を含め1日も掛かりませんでした。


井戸掘り器の製作                                                     
  
井戸掘り器製作のためにホームセンターに行って塩ビ管・異径継手・刃先の金具を購入しました。ネットで検索した先輩方の井戸掘り器を参考に早速製作に掛かりました

P1010238s P1010255s
下の右写真が完成井戸掘り器です。
P1010256s P1010257s
掘った泥の逆流防止の弁部分です。
P1010270s P1010254s
P1010273s
エアコン室外器近くの井戸掘り器が
・井戸掘り器1号で泥水を溜める部分は UV40
・下は井戸掘り器2号で泥水を溜める部分は UV65です。

P1010269s P1010276s

刃先の加工風景です。
P10003871s

これは、井戸掘り器 2号です。
泥水を溜める部分は UV65です。
刃先は、100×65 の異径継手です。

スパイラルディガーの穴径約7cmを9cmに広げながら掘りました。
ちなみに井戸掘り器 1号は、刃先65×50 の異径継手で作りましたがすぐに井戸掘り器
2号に変えて掘りました。
殆んどこの2号が活躍しました。

P10005371s

1回 約10分程度掘って、井戸掘り器が重くなったら引き上げます。
これの繰り返しです。---忍耐と根性?---
P1010304s


もったいないけど!水道水で井戸掘り器の粘土混じりの砂を取り除いているところです。
P1000536s

目次へ

| |

トップページ | その2-10m~13m »

井戸掘り」カテゴリの記事

コメント

shima様
確かに塩ビパイプが折れました。完全に折れなくて事なきを得ました。
完全に折れて井戸の底に落ちたら一大事となったことでしょう。
「その04 井戸掘り器 破損」を見て頂ければ様子が分かると思います。

井戸を掘り始めて疑問点が一杯出てくると思います。
私で分かることは、お答え致します。

投稿: den | 2010年8月26日 (木) 19時02分

菜園用の土地を買い、電気も引きましたが、軍資金も少なくなり、水の供給をどうしようか考えていたところです。
となりの土地は井戸があるので、井戸堀を検索したところ。貴方のホームページにあたり感心しました。

 器具の工夫、固い土までは鉄で、水混じりで塩ビパイプで良く掘れましたねー。塩ビパイプが折れそうな気がしますが?
どんなでしたか?

 当方も時間をかけてゆっくり薦めたいと思います。が最初は。近所の井戸の深さ調査や道具つくりですね。

投稿: shima | 2010年8月26日 (木) 13時03分

ina 様
コメントありがとうございます。ぜひチャレンジして見て下さい。
何か疑問がありましたら、この記事「その1-掘り始め~4m」の冒頭にメールADを書いて
いますので、遠慮なくメール下さい。

投稿: den | 2010年5月18日 (火) 18時28分

私も井戸掘りにチャレンジしてみたい1人です。わかりやすく参考になりました。

投稿: ina | 2010年5月18日 (火) 16時37分

すごいです。私も高い水道代に悩まされてた1人なんで、散水用にぜひ井戸堀りをしてみます。とても参考になるサイトだと思います。貴重な情報ありがとうございます

投稿: システムトレード | 2009年3月24日 (火) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その1-掘り始め~4m:

トップページ | その2-10m~13m »